Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画って難しいな

ペーパー用のオマケ漫画とか、文庫擬人化漫画のネームを考えてたんですが、やっぱり絵にすることを前提に考えるのって難しいですね…。
しかも今回は、プロットから自作だし。文庫に関しては全くのオリジナルですからねえ…。経験値が明らかに小説やイラストに比べると少ないのできついっす。
一枚絵の場合、構図とかポーズとかモチーフにいろんな表現したい感情を暗喩的に詰め込めばいいんですが、漫画となるとまた別物で。小説の場合、目の前に空間がある訳じゃないので場所の説明を文章ですればいいんですが、漫画になるとそれを絵で表現しなければいけない。空間と人物の関係もあるし、セリフも説明的過ぎると変だし。うーん…地道に経験値アップめざすしかないのか。

文庫擬人化漫画、とりあえず出来てた三人だけで5ページになっちゃったよ。もっとネタ詰め込みたかったよ…。てか自分のコマ割センスのなさに絶望した!セリフもなげえ!!まさしく顔漫画!!orz

それはさておき、とりあえず増えた擬人化キャラをば。


講談社文庫

講/談/社/文/庫さん。1971年生まれ。
彼は割と派手なイメージがあるのですが、なんだかんだで大手出版社出身なのでエリート君にしました。でもなにげに毎月の刊行数ナンバーワン。新/潮さんはバランスよく全体的に、が売りですが、こやつは大衆文学に割としぼってるので結構あなどれない。人気ノベルスを文庫にして、虎視眈々と購買者をかっさらっています。文庫本創刊ラッシュを生んだのもこいつがきっかけ。彼の以前のデザイン担当は亀倉雄策さんだったんですね!ちなみに、背表紙の作家名、タイトルの順にしたのもこの子が一番最初。背表紙のデザインとか表紙とか、特徴的でなにかと派手。クールなフリした熱情家。

ハヤカワ文庫

ハ/ヤ/カ/ワ/文/庫さん。
名前が統一される前だと1970年生まれなんですが、統一されたのが1974年なんですよね…どっちにしようかな。
こやつも文庫創刊ラッシュ生まれ。SF、推理小説中心。海外の翻訳が多いのでエセ外国人気取り。金髪に染めています。別に英語に限らずなんでしょうが、ルー語使いでいい気がしてきた。(笑)日常に起きた謎を解きたがるが、その方法が超展開だったりする。(だってSFも得意だから超能力や未知の技術だってなんでもあり/笑)

あとは画像がまだですが、集/英/社/文/庫さんもなかなか興味深い。実はコバルトのほうが年上だってことにまずはびっくりだ。コバルトお姉さまですね!(前身のジュニア小説がコバルトになったらしい)そして小説より漫画文庫のほうが重視されてるっぽいところが集/英/社らしいというか。(笑)やっぱり、ジャ○プの会社ですしね。

キャラがもっと脳内でしっかり動くようになるまでがんばるぞー!
スポンサーサイト

Appendix

新幹線が通るよ!

映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ

メールフォーム

お気軽にどうぞ。恥ずかしい方は匿名希望さんとかでも構いませんので。(笑)メルアドのアドレスもhensinfuyou@とかで平気です~

名前:
メール:
件名:
本文:

メトロカラー

Extra

プロフィール

墨田っぽい人

Author:墨田っぽい人
絵も文章も中途半端な人。
山手線占い:日暮里

はじめましての方へ。

ここはブログ主墨田による、気ままぼやきブログです。いわゆる同人的な発言、腐女子的な文章も含まれますので、そういったものが苦手、意味が分からないというかたはそのままそっとスルーしていただけると嬉しいです。 また、鉄道擬人化は紙端国体劇場(裸・男)様のキャラクターをお借りしております。もちろん、発言内に含まれる実在する国、地域、人物、企業、ご本家様とは一切関係ございません。 別にいいよ!むしろそういうのを読みにきたんだよ! という方はどうぞ~!

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。