Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のフェア

1246452860807917.png 

気分がくさくさしたときは本屋へゴー!
というノリで常連の本屋を覗いたら、夏の文庫フェアが始まっておりました。フェア限定のプレゼントグッズがまた三者三様で、とりあえずウチの文庫さんたちに持たせてみたの図。それぞれの個性が出てるので勝手に擬人化変換してはニヤニヤと楽しんでいます。←

さて、この各社厳選100冊のフェアっていつから始まったんだろう?とウィキさんにきいてみたところ、新潮文庫が1976年からとのこと。30年以上の歴史があることに驚いたのですが、確かにフェアというと新潮さんが一番イメージが強いし、さすが老舗というところでしょうか。
フェアが始まると無料配布の小冊子が出るので、それを貰ってきて眺めるのが小さな楽しみなのですが、今回もしっかり手に入れてきました。
2009070117460000.jpg
パラパラ程度ですが、とりあえず三社を軽く見比べてみる。
新潮さんは表紙以外は2色刷、角川と集英社はフルカラー。太っ腹!新潮さんは中身もなんとなくセオリーどおりな印象ですが、角川と集英社は割と分類方法が感覚的で、ファッション雑誌っぽい印象なのが対照的。集英さんには文庫の映像化舞台化広告がちょこっとまざってて、角川さんのおすすめ本の中にハルヒとかラノベが混ざってるのが面白い。
新潮さんは去年に引き続き、一部の古典?作品を限定カバーで展開。集英さんも去年に話題になったのを引き継ぎ、人気漫画家と文豪作品のコラボカバーを増やしたようですね。角川さんはイメージキャラクター?を松ケンさんに固定のままで彼を被写体にしたカバー展開をしているようですが、これはちょっとインパクトでは負けているかもなあ…。でも、それをしばらく続けて定番として定着させる作戦なのかもしれない…!

そしてフェアと言えばの限定プレゼントグッズ。角川さんは恒例のブックカバーだからいいとして、新潮さんのパンダ…!!可愛いけど…!!使い勝手が無いよ…!(笑)集英さんのストラップは某ねずみの国お土産みたいなペアデザインになってましたが、個人的には去年のほうが好きだったなー。でもあの鍵と日記帳の奴はちょっと欲しいかもしれない…。

はてさて、今年はどれを狙おうかしらと考えつつ読みたい本探しをしたいなあと思います。

ちなみに、新潮(フェアはじめ)←角川(やり方を変えて対抗/ライバル意識なツン)←集英(良いとこ取りであわよくば食う/腹黒かわい子ちゃん)だと思うと非常に萌える。(コラ)


拍手ぽっちりありがとうございました!
スポンサーサイト

Appendix

新幹線が通るよ!

映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ

メールフォーム

お気軽にどうぞ。恥ずかしい方は匿名希望さんとかでも構いませんので。(笑)メルアドのアドレスもhensinfuyou@とかで平気です~

名前:
メール:
件名:
本文:

メトロカラー

Extra

プロフィール

墨田っぽい人

Author:墨田っぽい人
絵も文章も中途半端な人。
山手線占い:日暮里

はじめましての方へ。

ここはブログ主墨田による、気ままぼやきブログです。いわゆる同人的な発言、腐女子的な文章も含まれますので、そういったものが苦手、意味が分からないというかたはそのままそっとスルーしていただけると嬉しいです。 また、鉄道擬人化は紙端国体劇場(裸・男)様のキャラクターをお借りしております。もちろん、発言内に含まれる実在する国、地域、人物、企業、ご本家様とは一切関係ございません。 別にいいよ!むしろそういうのを読みにきたんだよ! という方はどうぞ~!

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。